2012年04月04日

耳鳴りは慣れる (みみなり)

耳鳴り(みみなり)は慣れることができる。
実例を紹介しましょう。
これは私の体験談である。

耳鳴りになった原因は、ライブハウスでの爆音だった。
その日、友達に誘われてライブを観に行った。
そこで私の真後ろにスピーカーがあったのだ。
あまりにもうるさかったので途中で用事が出来たと言って抜け出したほどだ。
そのときから耳鳴りは始まった。
はじめは、すぐ直るだろうと思っていたけど、1週間たっても1カ月たっても治らなかった。
病院に初めて行ったのは数カ月、たしか4カ月は経っていたと記憶している。
その時は聴力を調べ、飲み薬がでた。
聴力は少し下がっていた。というよりも耳鳴りが聞こえてくる音をかき消してしまうような感じである。
そして薬をもらったが効果があまりなくて、自らの判断で耳鼻科に通うのをやめてしまった。
直感で多分治らないだろうと感じたのだ。

そして苦悶の日々が始まった。
私の耳鳴りの場合は、セミが鳴くような音が常にしている。
今はもう慣れてしまったが、かなり大きな音だ。
耳鳴りになってしまうと色んな恐怖にさいなまれることになる。
・将来耳が聞こえなくなってしまうのではないか
・どんどん耳鳴りがひどくなってしまうのではないか
・二度と静寂を味わうことができないのではないか
・集中できない
など、色々な不安を抱えることになるのが普通の人だと思う。
とくに耳鳴りを発症して間もない頃は。
気の毒なほど不安であるはずだ。
辛いはずだ。

でも、1つだけ言えることがある。「耳鳴りは慣れる。そして克服できる。」ということだ。

結果から申し上げるとこういうことだ。
◎耳鳴りは慣れてくると、聞こえなくなってくる。聞こうと思えば聞こえるが、意識しないと聞こえてこなくなる。人間は意識したものを味わう性質がある。その証拠として、完全に耳鳴りを忘れているときは聞こえていないはずだ。
◎あきらめがついてくる。当然、自分で勝手に判断するのではなく医者にかかったほうがいいかもしれないがそれでも治らなければ、現時点ではあきらめるしかなくなる。(現時点と言ったのは、将来医学の発展により感知できる可能性はある)
あきらめるということは実は、意識から外せるということと言い換えることができる。人間あきらめたらもう気にしなくなるのだ。
ただしはじめの頃は、あきらめることも慣れることもできないと思う。当然治ることに期待するし執着もしてしまう。それが当り前である。
だから、苦しむなと言うほうが無理な話である。ただし時間がたつと苦しみから解放されていくことになります。
◎感謝すること。耳鳴りになってしまうまでは耳のことなんて考えもしなかったはず。聞こえるのが当たり前。耳があるのが当たり前。そう思っていただろう。しかし、、だからと言って体の健康を全く考えず、ケアもせず酷使するだけではいけない。原因がないと結果は生まれない。耳鳴りになったことには必ず原因がある。
◎時間とともに慣れてくる。

慣れるまでの間は工夫することができる。
☆静かな音楽をかけて読書したり、眠るときもタイマーをかけてヒーリング音楽をかけたりする。
☆体を大事にする。耳は体です。体には栄養が必要です。体は食べ物からできています。【銀座まるかん とう会社の青汁類はお勧めです。】
☆考え方を広げる。実は耳鳴りは生活習慣からきていると言えます。体の生活習慣と、心の生活習慣です。
心とは考え方です。いつも悩み苦しんでいる人は必ず病気になります。心と体がつながっているからです。びっくりすると冷や汗がでるのがその証拠です。誰しも解決できないから悩んでいるのですが、悩みもひどくなってくると人間解決を求め始めます。その過程でいろんな人生の気付きがあるはずです。結局人間、成長したり、悟りに近づいたり、生きる意味だとかを求めさまようことがあります。

経験と気付きを繰り返すのも1つの人生。
全てに意味を与えるのは自分自身。
すべては無意味。意味は自分が与えるものであり、特定の意味は無い。
真実は常に変化する無限のもの。
すべてはつながっている。

話が、それているように見えますが、私にとっては耳鳴りも人生の経験の一つにすぎません。
耳鳴りから人生を学ぶことも大いにあるのが事実。
経験を感謝に変えることは誰でも出来ます。
すべては自分の選択。苦しんだままにするか、何か幸せになる考えを探すか。
今幸せになるか。すべては自分の責任。すべて責任を負うということは自分で人生を変えていけるということ。
苦しみさまよっていると、人生の意味を問い始める。
問い続けていると自分なりのものが見つかる。
それはひとそれぞれ。

どう生きるかは自由。結局最後は人は自由。
ただし、あれこれしたいけど怖い。世間からどう思われるかわからない。とか言って。
悩んでいるだけ。
与えられている自由の中で、悩んでいるだけ。そういう人もいる。
挑戦し続ける人もいる。
強い人もいる。弱い人もいる。
ただそれだけ。ツイてる! (角川oneテーマ21) -
ツイてる! (角川oneテーマ21) -





神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) -
神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) - 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) -
神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) - 神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫) -
神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫) - (文庫)神へ帰る (サンマーク文庫) -
(文庫)神へ帰る (サンマーク文庫) -
posted by 大洋 at 00:11| Comment(26) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も先月突発性難聴になり、すぐ病院に行ったもののまったく治らず、耳鳴り人生になっちゃいましたよ〜。

2年後に耳鳴り薬のネラメキサンが治験を通って処方できるようになることを、10年後にiPS細胞の難聴手術が始まることを願いながらも、耳鳴りあっても「まっいいか」で毎日過ごしてます。昨日は耳鳴りがほとんど気にならなくなって、「おっ、脳が雑音を無視し始めたか」と思いきや、今日はなんか耳鳴り大きめです。

耳鳴りのせいで健康管理をするようになったし、「おいおい、そんな生活じゃ70になるまでに死んじゃうぞ」と伝えたくて、神様がちょっといたずらをしたんだろうくらいに思ってます。

耳鳴り克服は「無理矢理」ポジティブ志向がベストですね^^
Posted by Pukuro at 2012年04月05日 16:57
素晴らしいコメントに感謝です。
Posted by 管理人 at 2012年04月06日 04:02
ブログを読ませていただき涙が止まりませんでした。
風邪から耳鳴りになり半年、とても苦しみました。
そして、今も苦しんでいます。
でも、以前よりは笑えるようになりました。

ですが、やはりまだ辛く働いたり友達と遊んだり当たり前のことができません。
将来も不安です。

でも、絶対乗り越えて幸せになります。
Posted by カナ at 2012年04月12日 21:14
コメント感謝しております。
Posted by 管理人 at 2012年04月12日 23:37
私は心筋動悸 低血糖 不眠 風邪 不安感 恐怖の時に耳鳴りの存在がきになり
立ち向かえないと思った瞬間耳鳴りへの恐怖が襲ってきてトラウマになってしまいました。以前の健康な時から耳鳴りは鳴っていたものの一切きになりませんでした。しかし体調を崩し不安に襲われた時耳鳴りまで気になりだして頭がおかしく
なったのじゃないかと絶望、恐怖 これから生きて行けるかとても悩みました。
不安を感じれば感じるほど耳鳴りの音を探してしまっておりました。
今でも不安感はありますが以前よりましです。精神的な調整(認知療法など)で
脳から耳鳴りへの意識がいかないように訓練してます。こちらのサイトを知り
目を通させて頂きさらに心が落ち着きました。不安になったらこのサイトにきて
読み返します。ありがとうございます。
Posted by けいこ at 2012年06月01日 17:25
ありがとうございます。
また読んでください。
Posted by 管理人 at 2012年06月07日 22:36
私も6月初旬より耳鳴りになってしまい現在苦痛です、脳のCTやMRIをとりましたが以上は無く整体とか行きましたが効果がありませんでした、現在耳鼻咽喉科に通院していて漢方とかビタミン剤を飲んでいます、脳神経外科や耳鼻科の先生は絶対心療内科にはかかっちゃだめって言ってました、うつに落ちいるから、私も辛くて心療内科に電話して予約までしましたがキャンセルしました。耳鼻科の先生はポジティブに考えなきゃだめだよって言ってました。
Posted by ヒロ at 2012年07月02日 09:21
Posted by たっちゃん at 2012年07月04日 09:30
私も先月初旬よりパチンコによる音響外傷(自業自得)から耳鳴り生活に突入致しました。
病院をハシゴし色々な薬を飲んでみましたが全く効果無しです。これは、ひょっとしたら一生ものかも?と覚悟をし始めている?ところです。
耳鳴りは慣れる、といわれていますが、まだその域に達するには時間が掛かりそうです。
ただ、どこかで自分だけは完治するんじゃないかな、なんて期待している所もあります。自分勝手ですね、、
皆さんがどのような経過を辿っておられるのか、教えて下さい。すごく励みになります。
Posted by たっちゃん at 2012年07月04日 09:45
ヒロです、相変わらず耳鳴りがしていて、夜寝るときがつらいです、なので病院でもらった薬(デバス)を飲んで寝ています、とにかく睡眠をとらないといけないので、あと耳鳴りになってから足が冷えます、いろいろとネットで調べたら、自律神経の影響があるかもしれないということで、昨日から生姜湯を飲んでウォーキングを始めました、今までは一日3000〜4000歩しか歩いていなかったので、一万歩目標に歩いてみます!耳鳴りになっている皆さん耳鳴りに負けないで頑張りましょう・・・
Posted by ヒロ at 2012年07月09日 11:30
ヒブン症も耳鳴りも同類といいますね。どっちも治らない・・。
でも,鍼灸治療は耳鳴りに効果があるといいます。
劇的効果が得られなくても,改善されることも多いそうなので,是非一度試されたらと思います。
ヒブンは鍼では効果ないですけれどね。
Posted by ヒブン症です at 2012年08月19日 21:24
デパスのみ続けて良いのでしょうか?

ネラメキサンは効果あるのですか?いつごろから発売?

ips細胞の研究でなおらないのかな?
Posted by きりん at 2012年11月18日 19:06
耳鳴りに悩んでネットで調べていました。特に3月以来強い耳鳴りで気持ちが折れそうになっていました。いまも強烈な音が頭で鳴っています。耳鼻科、神経内科、神経耳科に通院。安定剤、睡眠導入剤、パニック障害薬など飲んでいます。なかなかいい結果が得られませんでした。たまたまこのページを目にしました。ここに書かれていることに勇気をもらいました。うれしかったです。耳鳴りは治療が難しいことが分かりました。慣れることしかないようですがこれが難しい。なんとか頑張って見たいです。
心折れそうになったときに何回も読んで見たいと思います。
Posted by ばんちゃん at 2013年04月13日 14:28
私も患者です。フランス語ですが、Peignard医師の慣れる方法についての講演会が役にたちますよ。彼自身25年もの間、強い耳鳴りを体験していますがて、ほとんど気にならない程度までになっているとのことです。下記のURLを参照してください。

http://www.cisic.fr/faq/310-a-conf-peignard-2008?catid=40%3Ac-faq9
Posted by KK at 2013年05月07日 04:46
フランス語はすこしずつ訳してここにのせさせてください。他の人たちにいいことをしていると、自分が救われますので。本日、一生懸命フランス語を訳していたら、いつのまにか何もきこえなくなっていました。ふと気がつくとまた大きく聞こえます。ようするに、いつもなにか真剣に没頭しているのがいいことです。
Posted by KK at 2013年05月07日 19:17
私のは主観的にかなり強い耳鳴りですが、集中すると、気にならなくなると言うか、聞こえなくなります。あるいは小さくなります。これが救いです。そのうちに、慣れてくるでしょう。泣いてばかりいてもしかたがない。たたかってもしかたがない。これがふつうの状態なんだ、と思えば(なかなか思えませんが) 精神的にずいぶん違った話になります。
両眼視野闘争とは両方の視野がどちらが優勢かどうかを争うことです。たとえば、片目がわるくても片方がよければ、はっきり見えます。左目が近眼で、右目が健常とすると、つまり、右目の視野にくっきり見える方が情報として利用されるわけです。くっきりと見えない方が捨てられます。聴覚の場合も、はっきりと聞こえる方が情報として採用されます。また注意している対象の情報が採用されます。ガヤガヤしたパーティや電車の中で相手の話が聞こえるのはそのためです。
耳鳴りは、かなり強い情報ですので、どうしても注意がそこへ向いてしまいます。それで、それに似た音でマスクすれば聞こえは小さくなります。ただし、マスクをはずすとまた聞こえてきてしまいます。とくに夜眠る前の静けさは地獄でしょう。耳鳴りに慣れるまではCDなどでマスクするのがよいと思います。
理想的なのは、なにも頑張らなくても、意識しなくなることです。それには、脳が変化してくれればよいのです。そのひとつが他への注意の集中です。テニスの球を追っても良いのです。このまえ、鳥の鳴き声に集中してみました。昔と同じような自然の静けさがえられました。耳鳴りがあっても静けさは感じられるのです。これを日常の習慣にまでもっていくことです。
 なるべく孤独にならないことです。困っているひとの手伝いをしてもいい。フクシマへいくのもよい。フランスにはグループ療法があります。同じ悩みをもっている者同士、智恵を交換する。そして自分だけが被害者ではないことを体感する。これが大切です。また書きます。KK
Posted by KK at 2013年05月07日 22:30
似たような境遇の方がいるんだと、とても励みになりました。毎日辛いですが自分の身体の声を聴きながら強く生きていきたいです。
Posted by at 2013年10月04日 03:14
10/19から耳鳴りが始まりました。ちょうど2週間ちょっとです。
耳鼻科に行ったり検査したりネットで調べたりの状態です。時間とともに慣れる、とは言いますが、まだその段階には達しません。睡眠導入剤を飲んで寝ています。
気にしなくなればいいのですが、それまでどのくらいかかるのか?。
登山、スポーツ、ランニング・・・・。体には自信がありました。全く原因不明です。
Posted by matsu at 2013年11月03日 20:52
耳鳴りから3週間です。耳鼻科の先生は「慣れて下さい」と。MRIも異常なし。とにかく必死でワラにもすがる思いです。整体、鍼灸、漢方、ツボ押し、首回し・・・・などなど。メチコバール、ストミン、カルジーなど処方されていますが効果があるのかないのか。ビールなども症状的には良くないかもしれないが、ストレス解消という意味では飲まない方がわるいかも。高圧酸素なども考えていますが原因がわからないのにあれこれやっても。費用だってバカにならないし。TRT、マスカーなどどうでしょうか?。私の場合はとにかく眠れないのが辛い。皆さん慣れるものでしょうか?。
Posted by matsu at 2013年11月11日 17:50
耳鳴りになってから1ヶ月が経ちました。右耳ですが、キーン、ミンミンといったような高い耳鳴りです。気にし出すともうたまりません。
まだ気持ちが受け入れられていなく諦めや慣れまでの段階までいきませんが、この文書や沢山の方のコメントを見ると辛く耳鳴りと闘っているのは自分だけじゃないんだと励まされました。
徐々にやっていこうと思います。
みんな頑張りましょう。
Posted by やまだ at 2013年11月13日 17:59
はじめまして。8日の夜、自宅で音楽モニター中の事故で衝撃大爆音がイヤホンから左耳に。。直後から耳が詰まり、耳鳴り、痛みで耳鼻科を受診したところ、音響性外傷と診断されました。アデホスコーワ顆粒とメチコバール錠を処方されましたが、症状の改善は見られません。一生このももかも。。って思うと、不安で不安でたまりません。藁をもすがる気持ちでネットに情報を求め、ここに辿り着きました。管理人さんの体験談、みなさんのコメントに勇気をいただき、今少し元気になりました。ありがとうございます。自分だけじゃないって思うと頑張ることができそうです。これからも、こちらにお邪魔しようと思います。みなさんよろしくお願いします。
Posted by 真理子 at 2014年01月17日 17:00
私も耳鳴りがひどい時期があったのですが、

この方法で驚くほど改善されました。

「耳鳴りを薬・副作用なしで簡単に治療する方法とは?」
http://takan.mods.jp/

ありがとうございました。
Posted by sashi at 2014年02月19日 01:12
僕も小さな頃から耳鳴りを患っています。正確には小学三年生の時です。その時からずっと慢性的な耳鳴りに悩まされています。ずっと耳鳴りがなっている世界しか体験したことがないので、普通の人が思考し、考え、感じるという感覚を味わったことがありません。音楽は勿論のこと、映画や小説など、頭で考えて想像しようとすると耳鳴りが自然と発生してしまい、集中できません。筆者さんが耳鳴りを患ったのはある程度普通の人の考える事を学んだ後だと解釈しました。そこで、普通の人の思考と、耳鳴りを患っている人の思考の違いがあるのかないのか教えてもらいたいです。どうか、よろしくお願いします。
Posted by 名無し at 2014年11月07日 20:58
去年の11にコメントさせて頂きました、山田です!
昨年、耳鳴りが始まってからもう本当にしんどい毎日でもうダメだ…と思いましたが、今では耳鳴りに完全に慣れてしまいました!
意識をすれば聞こえますが普段は聞こえていません!
意識をして聞いてもそんなに気にならない程度です!


僕物凄く神経質ですが、こんな僕でも慣れる事ができました!
耳鳴りが始まり間もない方でこのページにたどり着いた方に伝えたいです。

必ず耳鳴りは慣れますから安心して下さい!
それまでは辛抱しましょう!
でも絶対明るい未来が待ってます!
頑張って下さい( ´ ▽ ` )ノ
Posted by 山田 at 2014年11月30日 22:39
管理人様

このような記事を書いて下さりありがとうございます。
耳鳴りが始まり、10ヶ月程経ちました。。まだ完全に慣れたとは言えない状況ですが、頑張ります。
何度も文章を読ませていただいています。

最後の山田さんのコメントも希望が湧きます。

他に慣れた方いらっしゃいましたら、コメントよろしくお願いします。
Posted by 斎藤 at 2016年03月28日 06:21
苦しくて死にそうになるのは私だけでしょうか。
慣れる、とよくいわれるのに一向に慣れることができません。
どうしたもんか、本当に困ってしまっています。
慣れることができた方も、このような過程を経ておられるのかとても不安です。

自分に、この轟音に慣れることができる日が来るとは、とても想像できません。

苦しくて死にたいです。死ねないのは判っているのですが、それでも死にたい死にたいとつい、考え込んでしまいます。
Posted by たけ at 2017年07月06日 15:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: