簡単なのか

今日ある映画を見に行ったら、びっくりするくらい面白くなかった

はたして映画が面白くないのか 面白さを感じる感性に欠けているのかわからないが

しかし面白くなかった

ただし発見はあった こんな映画でも大きなお金 多くの人々が動き
制作にかかわり汗を流したということだ
そして自分も時間を費やしたというわけだ

そこで一つ思ったことは 世の中って本当はものすごく簡単なのではないかということだ
すべてを難しくしているのは ほかでもない自分なのではないか

仕事も恋愛も人間関係も 本当はもっとシンプルで簡単なのではないか
自分は深く考えすぎなのではないか
こんなことを考えてる時点で考えすぎなのではあるが、、、

周りの人々を観ていても こう思ったことは無いだろうか?
「いったい何が面白いんだろう?」
なんでそんなことに労力を費やすんだろうとか
何のためにやってるんだろうとか

とても自分では理解できないことが多分にある

そういうときなんでだろうと深く考えてしまうが 逆に深く考えることはただの時間の無駄なのであろう
それよりも簡単な世の中で 簡単に成果を出し 簡単に楽しみ 簡単に笑っているほうがいいのだろう

そんなことは簡単にできるわけがないという声が聞こえてくる

しかし簡単に楽しんで生きているひとは 言うのかもしれない「簡単なことだ。」と。。

この記事へのコメント