発達障害という言葉に騙されてはならない

世間では最近、発達障害という言葉をよく耳にする

ちょっと騒げば発達障害

ちょっと話すのが下手だったら発達障害

ちょっとコミュニケーションで輪から外れていたら発達障害

何でもかんでも発達障害

そしてそれを真に受けている、哀れな人々が多い
まして自分の子供のことを発達障害だと思っている
さらに自分のことまで発達障害だと思っている

発達障害がなんだっていうんだ?
人の個性や自由を発達障害という言葉によって潰されていないか?

そんなことでいいのか

どんな人間でも今の自分で生きていくしかないのに、発達障害とか言って
後ろ向きな人生を送ってもいいものか

と問う

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック