世界情勢

ミサイル問題のやりとりを見ていると、実に幼稚なやりとりであると感じるだろう

圧力は反発を生むだけである

みんなわかっているだろう


政治家というものは、常に幼稚な言動をとっている
国会の答弁や、論争を見てもわかるだろう


政治家という職業を選んだ人たちは
民衆の注目を得たがる
そして自分の学歴、優等性、能力を誇示したがる
そこには人類の在り方など、考えれていない
考えられないのである
自己陶酔した政治家達は自分が国民からどう思われているか理解することはできない
何故なら、一人一人の国民よりも自分達が優秀だと思っているから気にもならないのである

ただしそれは人間として間違っているわけではない
自分を満たすこと自体は間違いではない

ではどうすれば世界は変えられるのか


その答えは、政治家ではなく、人間一人一人の在り方にある
政治家のせいにしてはならない

政治家は政治家という職業であって
世界を変える力は持っていない

世界を変える力は、人間一人一人のなかにある

この記事へのコメント