人が語る上で恐れていることは

真実を口にして

それを否定されることを恐れている

真実は真実であるのに恐れる必要など
ないはずなのだが

これも神の二分法のひとつである

この記事へのコメント