何故筋を通すことに行き着いたのか

筋を通す生き方
とは
言い換えれば
信念を持って生きる
ということだ

自分の経験から生み出された信念である

人は研ぎ澄まされてくると

信念こそが、自分を磨き高める最高の材料であることを知る
信念とは自分自身のルールである

そのルールは自己完結する


ではその信念はどこから生まれてくるのか

私が思うに
突き詰めれば自己愛である
同時に生命に対する回りへの愛である

様々な身を切るような痛み、苦しみ、悲しみ、絶望を経験し闇に堕ちる
その闇の底から、上を見て一筋の光に向かって少しずつ進んでいく
この進んでいく体には様々な傷痕が残っている
ただその傷痕は勲章でもあり、強さでもある
その強さは、自己を輝かせる
自己に喜びを与える

信念とは強さである
強さは弱さから
弱い自分が、強くなった証である
生きた証である

この記事へのコメント