知られざる地球の歴史

地球には10万年以上前から

人間の歴史があった

超古代文明もあった

アトランティスやムーも存在したが

それよりも古い文明も存在する

キリストが死んで生まれてから2000年
この2000年は、とんでもなく短い歴史だ
しかし今の地球人はこの、とんでもなく短い歴史を人間が存在してきた全てだと思っている
これはとんでもなく無知である

無数に生命体がいるこの宇宙で今の地球人は、無知に閉ざされている
今の地球人は、銀河系にいる人類の最高カテゴリーが9であるが
その最低レベルの1に属する。
それを今の地球人は自分達が最高だと思っている
それほど無知である

古代文明は現代科学を遥かに凌駕している

文明の発展度合いは、どれだけ自然に優しいかどうかで成長度合いがわかる
今の地球人のように、存在するだけで環境を破壊し続けるレベルというのは進歩した文明とは間違っても呼べないのである
それを科学が進んだことを文明が発展したと勘違いしている

進んだ文明とは
環境を汚さず、美しいままで人類が創造し喜びある人生を表現できる場を提供できる技術を進んだ文明というのである

アトランティスやムーも現代よりも遥かに進んだ文明を持っていた

反重力でどんなに重たいものでも浮遊させることが出来た
宇宙や自然に対する知識も深められていた
その証拠をピラミッドで垣間見ることができる

今の地球人ではピラミッドを作れない
それが今の地球の文明の力である

何が言いたいのかというと
今の地球人類は無知であるということである
無知がゆえに地球環境破壊を止められないのである
だがその無知から救うべくタイトルで紹介したような書籍があるのである
これらの本は明らかに宇宙からの助けである

そのような本をいくつか紹介しよう
●超巨大宇宙文明の真相
●プレアデス星訪問記
●神との対話
●宇宙太子との遭遇

この記事へのコメント