日本の現状

日本は 昔から 多くの侵略に遭いかけては 撃退してきた

ところが現在は もしも侵略行為をされれば 撃退する力を失っている

失っていることをまだ多くの日本人は認識していない


日本が昔 列国から脅威と呼ばれるほど 強かったのは 

守る力が強かったからだ 国を守る力 なにより 家族を守る力だ

その守る力と 武士道精神(正義とは何か)が融合し 信念を支えており

行動を支えていたからだ


その先端に居たのが武士だったのだ

そんな武士たちがアジアを守るため、家族を守るために命懸けで戦っていたから その気迫と行動に 列国は恐れおののいたのである


世の中には役割というものがある

逆に言うと役割というものしかない


現代の日本を守るのは自衛隊である

その自衛隊に武士のような精神を吹き込むことができるのか


侵略するために力を持つのではない。
自由と尊厳と人権を守るために力が必要なのだ。
そして暴力を行使しようと相手に思わせない為に力が必要なのだ。
自衛力という暴力抑止力が必要なのだ。


この記事へのコメント