過ちは許される 変わった瞬間に許される

今の政治家たちの多くを見ていると

人間としての良心を失っているように見える

国会では傲慢にのけぞり座り

にやけた面をし

なりふりをかまわずヤジを飛ばし

何が正しいかを議論する気すらなく

人権について話し合わず

国民にどう見られているかなど気にすることもできず

恥知らずとしか言いようがない状態である


正義というものの概念すらない


ほんのわずかな政治家を除いてと付け足しておこう


今日本はこのような政治の元 末期を迎えている


ただし大きな目線で観ると これらの愚かな政治家たちも自らの恥を認識できないほど哀れな存在である

ただ哀れな存在では済まされないほど重要な職務に就いているのが政治家という職業である

そしてそのような政治家はそこにいるだけで 正義に反する

ただちに退くべきだ


そして改心するべきである

人間というのは 自らの過ちを認め 改心し 悔い改め 迷惑をかけた分 借りを変えそうと決意すればそれは立派なことである


過去には戻れないのである

戻れないからこそ これから正義の道に生きるとき


過ちは許されるのではないか


人生の大半が 愚かであったとしても 終わりが近づいていたとしても

気が付き 何か一つでも 世のためになるような行動をするのであれば

すこしだけでも地球がよくなるではないか


暴力のない世界を

正義ある政治を

飢餓のない世界を

恐れより愛の多い世界を


そんな世界を実現しよう





そんな世界を求めて

この記事へのコメント