死ぬほどの忍耐

死ぬほどの忍耐を強いられている人

そんな人もいるだろう

耐え忍ぶ、、、、

地を這うように生きている人もいると思う


その忍耐力は、いつか役に立ちます

今現在、望む環境では ないところで忍耐をせざるを得ない環境にあっても

いつかそれが終わり、自分の望む環境に行ったとき

その時、その忍耐力は望んだ環境の中で発揮されます


普通の人がつらいと感じる環境でも

なんともなく力を発揮し


人よりも早く ごぼう抜きで理想の人生に近づきます


だから諦める必要はない


忍耐から学ぶことは大きい


もし自分の生き方に迷いがあるなら
自分に聞いてみるといい

『これがわたしか?』

この問いは人生という大きな視点から、今の自分を正確に捉えることができる魔法の言葉である

そして徐々に望む環境へ自分の行動をもって変化していけばよい。




この記事へのコメント