銀行の闇

どんな理由であれ、銀行から借りた借金により、個人が破産するという結果になった場合

銀行に大きな責任がある

自己破産させる前に債務免除するのが、金融のプロとしての本来の在り方である

銀行はお金のプロとしての責任を果たしていない


自己破産する恐れのある人間に金を貸すこと自体が悪そのものである


銀行は資産運用のプロである

そのプロが貸した金で個人が破産するということは

少なくとも、現在これだけの破産者が出ている中で、金融業界が手を打たず、融資拡大を続けている現実は

銀行が個人の資産など、どうでもいいと、ないがしろにしているのは明らかだ


言い換えると銀行が自己破産を誘発していると言わざるを得ない


大至急、関係省庁並びに銀行群は、悪徳営業を辞めるよう改善しなければならない。





この記事へのコメント