正義という名の暴力

自ら仕掛けて悪をおびき出し
裁こうとする人がいる

その行為については正義という名の力で、悪を押さえつけるという意味では暴力と変わらないのである

そしてひとつだけ大切なことを言おう

他人が生きる邪魔だけはしてはならないということだ

当然、かかってきた火の粉は払えばいいし

眼前に訪れた悪は、叩きのめすのも一つの手段だ

だがもともと起こるはずのなかった悪をわざわざ引き起こし裁くことは、それは本当に正義なのか?




この記事へのコメント