日本の新しい理想体制 ブロックチェーン技術

立法 司法 行政  の三権分立が現在の制度だ

この制度には不足がある

◎ 選挙においては、現在の選挙制度を廃止しブロックチェーン技術による選挙システムの確立が必要

◎ 行政においては、選挙後の任期中に 政治家に対する評価投票を四半期ごとにブロックチェーン技術で行い、一定数以上の不満が国民から出た時、弾劾される仕組みが必要

◎ マスメディアにおいては、真実を報道しているかどうかの国民評価をブロックチェーン技術により行い、一定数以上の不誠実な報道傾向がある場合、報道権をはく奪する仕組みが必要

◎ 検察については、検察を2つに分離させ、それぞれが出した結論に対して最後に国民がブロックチェーン技術を利用して判決し多数決の原理で最終審判を下すシステムが必要

◎ 現在の選挙制度では当選すれば何をしても許されるという状態がまかり通っている。この原因は任期が長いことと、就任後の評価と弾劾権が一人一人の国民にないことだ

与党も野党も政党自体のモラルと真実性が保証されない現在、ブロックチェーン技術が確立してきた今、政党は必要なく全てをブロックチェーン技術の国民直接参政システムが十分可能である。

これらを新時代に日本の体制にすることを望む。

※ただし、これらのブロックチェーン技術を利用するにあたって、すべてが可視化されていなければならない
全ての人民が全ての情報にアクセスし閲覧可能であり
情報の真実の公表が必須である

それには個人や法人企業のお金の動きや職業、収入も含まれる



この記事へのコメント