寝て見る夢と現実の違い

それは

寝て見る夢は感情面で構成されるが、
現実は感情よりも物事をこなす技術のほうを求められる

寝て見る夢は断片集中的だが、
現実は長期継続的である

寝て見る夢は他者と密接に関わるが、
現実は個人で対話する

寝て見る夢は暑さ寒さをほとんど感じないが、
現実は暑さ寒さ、だるさを強く感じる

寝て見る夢は考える前に場面が展開するが、
現実は考えて行動し時間差を経てから場面が展開される

寝て見る夢も、現実も一つの人生の中で繰り広げられる

この記事へのコメント