超越した心にアクセスする

私は私として
あなたはあなたとして生まれた

この時代、この時、この自分で生きることを選び生きている

どんな状況においても心をどこに向けて生きるかを意思により選べる

心は常にどこかにアクセスしている

この宇宙に存在するものすべては創造エネルギーである為

恐れにアクセスすることもできれば安心にアクセスすることもできる

その違いを知るために、恐怖の体験と幸せの体験という対極の経験が存在する

その経験を通して、どちらの極にアクセスして生きるかを選択することができるようになる

そして人生の意味を自分だけが自分に与えることができることを知る

そして人生には意味すらなく、創造するという喜びを時間と空間という次元において体験している

どんな言葉にしても、ちっぽけに感じるほど偉大ななにかがある

それが神と呼ばれるものだ



この記事へのコメント