良い友人関係を築くには

友達は一線を引いて、ある程度お互いにとって都合の良い関係であることがポイントです。

あまり友情とか、親友とかっていう幻想を求めすぎると、迷宮入りしてしまいます。

友人であっても出来ることに限界がありますし、その限界はそんなに深いものではありません。

だれしも自分と自分の家族を一番に考えるものです。


友達とはお互いが楽しむために、利用し合う関係であるといえます。それはWIN-WINの関係であります。

あまり友人というものを依存的に考えてしまうと、執着心や嫉妬心や孤独感など下向きの感情を生み出す可能性があります。


自立した気持ちで、あっさりと軽やかに楽しめる関係が良い友人関係であると考えます。

友達は多いほうがいいとか、親友がいたほうが良いというのは、社会に刷り込まれた幻想です。

自分を大切にし自立した精神を獲得できれば、幻想に振り回されることは少なくなります。






この記事へのコメント