我慢強すぎるのは良くない

我慢強すぎるというのは、言いたいことを正直に言えない という側面がある

言いたいことを言えないから我慢しているのである

痛いものは痛い
苦しいものは苦しい
悲しいものは悲しいと
言わなければならない


痛みというのは、時に言わなければ誰も気づかないし

黙っている自分が悪いということもあるのだ


歯医者で親知らずを抜くときに、麻酔が切れていて痛いのに我慢しているのは、正しい我慢だろうか

痛いものは痛いといち早く伝えなければならない


日本には我慢強すぎる人が、痛いほど多いのです。

弱さを見せられるのも強さの一つです。

もう我慢はやめましょう。











この記事へのコメント