違和感は間違っていない

生きていると世の中に対して 疑問や違和感を感じることがあると思う 実はその違和感は間違っていないことが多い しかし普段から自分の意志で物事を考えることを放棄してしまっているため その違和感をそのままにしているだけだ そして時間がたってから、その違和感が間違っていなかったことに気付くだろう 多くの苦しみを経験した後に、、、 この世界は二つの側面から成り立っている…

続きを読む

働く

命をかばうために働くのではなく、命を使うために働く。

続きを読む

そのものになる

全てには意味はない。 意味を与えるのは自分だ。 与えて始めて意味をもつ。 与えられるのは自分だけだ。 目の前の全てに、喜びを与えると、喜びという意味をもつ。 意味のないものに一つだけ選んで意味を与える。 与えた感情と同じものを感じられる。 喜びを与える。与えようとする。 その瞬間自分は喜びに包まれる。

続きを読む

光り輝く

さ迷い続けた。暗闇の中で。 流し続けた。悲しみの涙を。 求め続けた。確かな温もりを。 それはあった。自分の中に。

続きを読む

エネルギー体

本来、肉体は永遠に機能するように創られた。 全てはエネルギーである。宇宙も宇宙の外側の空間もエネルギーで満たされている。エネルギーでないものはない。一つの繋がったエネルギーである。 決して消えることなき一つの意識がある。 物質は分解し、また結合する。エネルギーとして存在し続ける。

続きを読む

メメントモリ

幸せとは、死合わせである。死を併せて観ることである。 万人に与えられる死の本質が愛であることを見抜くことである。 そして生きることである。

続きを読む

はたらき

全力をかけて健康を維持しようとする体の細胞をいじめてはならない 全力をかけて幸せになろうとする自分を 全力をかけて生態系を育んでいる自然を 壊してはならない 無関心ではならない 爪はのび 髪はのび 怪我は治癒し 風邪は治り 苦しみに耐え 涙を流し 孤独に耐え 優しさを与え 愛を求め 自由を求め 太陽は降りそそぎ 植物は育ち クジラは泳ぎ 子を生…

続きを読む

真の姿

世の中がわからなくなったとき、問えばわかる 愛を体験したいのか恐怖を体験したいのかと 愛を体験したいなら、究極の人間の本質は愛ということではないか。喜びたいと感じることがありのままの欲求であり、存在であり、本質である。 その本質自体は何も必要としない。 他者からの愛も 他者からの許しも ただただ自分のありのままの姿、喜びであろうとする愛そのものを感じればいい すべて…

続きを読む

目に見えないもの

目に見えないものを否定する前に考えてみる 自分を動かしているものは何だろう 感情は目に見えるだろうか? 心臓を動かしている力は目に見えるだろうか? 人が動かなくなった時、動かしていたものは何だろうか? 目に見えないものである それが自分に最も近い存在であり、自分自身である。 それが事実である。 霊がいるかいないかの議論の前に自分たちが霊の一部であることは明らか…

続きを読む

兄弟

全ての人間関係において もしあのひとが自分の親だったらどうだろう もしあのひとが自分の子供だったらどうだろう もしこのひとが自分の兄弟だったらどうするだろう もしこのひとが自分だったらどうするだろう 目の前の憎き人が、自分の大切な家族だったらどう思うだろう? 相手に行うことが自分の人生にそっくりそのまま還ってくる これが真実だ 目の前の人は兄弟である どんな人で…

続きを読む