どんな生き方をしてもいい

どんな生き方をしてもいい それが自分自身の正義であると言えるのならば その正義の奥に信念があるのならば 誰に何を言われようが貫けばよいし 気にもならない その正義の先にあるものを観て生きることが ブレない生き方になるだろう

続きを読む

どう生きるか。このままでいいのか。

人生とは不思議なものです 知ってしまえば不思議なものでもないのですが 最悪と最高 光と影 上と下 善と悪 幸と不幸 あらゆるすべてには光と影がある そしてすべては相類似の関係にある その事実がこの世界を形どっている 熱いものがなければ冷たさを感じられない 孤独がなければ友情も感じられない 前がなければ後ろは無い そしてそれを人間が体験として味わうには、その両面…

続きを読む

簡単なのか

今日ある映画を見に行ったら、びっくりするくらい面白くなかった はたして映画が面白くないのか 面白さを感じる感性に欠けているのかわからないが しかし面白くなかった ただし発見はあった こんな映画でも大きなお金 多くの人々が動き 制作にかかわり汗を流したということだ そして自分も時間を費やしたというわけだ そこで一つ思ったことは 世の中って本当はものすごく簡単なのではない…

続きを読む

自己を解放する。人生を拓く。

今の自分の人生には原因がある。自分が以前に悩み苦しみもがいていたころに驚いたことが一つあった、人生の苦悩から逃れる道を模索し、加藤諦三さんの本を読んでいたとき驚くほど自分のことが書いてあるように思った。そして不幸にもパターンがあり、不幸な人は不幸な思考パターンがあることに気付いた。そしてどの思考パターンを変えていくことで人生も変わってくることが明らかになってきた。 『自分だけではないんだ』…

続きを読む

仕事運の簡単な上げ方

声を高く話すことである。 それだけである。 挨拶の声、呼びかけの声など。 声を高くするだけで格段に人生のサイクルは上昇する。 やってみればすぐわかる。 理由もある、相手にとって低い声で話しかけられると低い評価を受けたと思うからだ。 高い声は高い評価を受けたという印象を与える。 この違いがわかるだろうか? 自己重要感である。 声を高く話してみよう。 神との対…

続きを読む

とんでもない秘訣

前の記事の、ものごとを「自分の目標や希望に対して役に立つか、立たないか」で判断するということはとんでもない秘訣である。 なぜなら、ややこしくないからだ。 シンプルに自分の行動の良しあしを判断できる。 今自分のやっていること、それからやろうとしていること。それを自分の生きたい人生の役に立つかどうかを考えてみよう。 それは行動だけではない。 考えも同様だ。 思っているだけでも役に立たない…

続きを読む

役に立つか、立たないか

全ては自分の願望に対して、役に立つか、立たないかに二分される。 たとえばいい人間関係を築きたいとする。 その時に、相手を嫌いになってしまったとする。 嫌いになった時に「あいつのこと嫌いだ」って思ったとしたら、相手の耳には聞こえません。 しかし、そう思っているという現実がある。思いというのは必ず姿を現す。 しかも微妙に、表情や声、目つきに現れる。 だとすれば、いい人間関係を築くためには…

続きを読む

お悩み解決方法

悩みを解決するひとつの方法は、じぶんと同じ苦しみを持っている人を救うことです。おなじ悩みで苦しんでいる人は必ずいます。 自分よりも苦しんでいる人を助けると、自分の悩みは、どんどん消えていくのです。 全然大きなことなんか必要ないです。 ささいで十分です。 教えようとすることで、じぶんで解決策が浮かんでくるのですよ。 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文…

続きを読む

態度がすべてである

態度がすべてである。 まさしく。 態度の選択によって確実に全てが決まる。 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) - 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) - 神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫) - (文庫)神へ帰る (サンマーク文庫) -

続きを読む

花畑

皮肉なことに、どんなにいいものを伝えようとしても伝えられないんだよな、そのタイミングでは。 相手本人がいくら苦しんでいても言葉は届かない。 本人が求めだしてからでないと届かない。 いくら親切心でもその時は無駄なんだな。 でも、どこかに蒔いといてやると、いつか自分から拾いに来るんだよな。 しかも誰が拾いに来るかわからないんだよな。 それだからいいんだよな。 知らないところで誰かに届い…

続きを読む

目を覚ます一言

宗教より小せぇから宗教にこだわるんだよ。 大きくなれよって。 宗教より大きくなれば宗教にこだわらねんだよ。 大きくなれよって。 全ての問題は弱さから生まれる。 全ての問題は強くなれば解決する。 悩みより強ければ悩まない。 昨日までいじめられてたやつがボクシングかなんか始めるといじめられなくなるんだよ。 強くなれって。 弱いふりしてるとほんとに弱くなっちゃうんだよ。女は本当は…

続きを読む

幸せの道

人の幸せ、人の成功を自分と同じように共感できれば、どんどん幸せになる。 そう、どんどん!だ。 自分がうまくいってない時、「人の成功なんか喜べるか!」と思うのはふつうである。 でも人の成功を妬み、自分だけ成功しようとしていると、運勢が悪くなりずるずる地に落ちていく。 そして落ちた時気がつく「自分はなんて愚かだったんだろう!」 あらゆるものを失った時、失ったものの大切さがわかる。 そして…

続きを読む

喜びの生き方

喜んで生きるには。 喜んで生きるには、起こることは変化であると知ることだ。 変化するたびに喜びの人生に引き上げられたと知ることだ。 人生は見方によることを知ることだ。一つの出来事をとってみても観る方向、倍率によって見え方は変わる。見方は自分で選ぶのだ。 人生の意味は無限であり、自由に意味を決められる。人生の意味は自分が決めるものであり、外にある固定的なものではないと知ることだ…

続きを読む

相対世界の喜び

自分を感じられるのは生きているからだ。 自分と世界が触れ合う感覚。世界に溶け込む感覚。 周りの世界があるから自分を感じられる。 自由に表現できる。 全てを通して自分を感じることができる。 風が当たるから風を感じられる。 全てが自分に触れ合っている。 たくさんの人の中に存在し自らを表現できることは、とてもワクワクすることだ。 ワクワクとは湧く湧くである。喜びが湧く沸くである。 相…

続きを読む

コントロール

自分の感情を観察し、味わうクセを身につければ感情に振り回されなくなる。 切り替えができるようになる。

続きを読む

まちがっていない

ひどく悩んでいる人は自分がおかしくなってしまったのかと思ってしまう。 しかしその人たちはいつでも正常である。 その人たちと同じ体験すれば誰でもひどく悩む。おかしくなってしまったのかと誰でも感じるだろう。 誰でも感じることを感じることはおかしいことではない。 問題は何か? 『自分という人間から沸いてくる思いに対して、それを間違っていると自分で考えて自己否定するからおかしくなったと…

続きを読む

それはなにか

●物にも意識がある・・・物が壊れる心配ばかりしていると壊れたものを引き寄せる。 ●自分のやったことは、きれいにそのまま還ってくる・・・人に暴力をふるうと、時間差を経て自分が暴力をふるわれることになる。 ●肉体の痛みもあるレベルまで達すると消えてなくなることがある・・・3つの痛み、ひどい日焼けの痛み、体調不良、労働酷使。この3つを同時に味わった時、痛みと苦痛と疲労が消えた経験がある。 …

続きを読む

不動信

マスターが何事にも動じず状況を変えていける理由は、今起こっている現象が全て自らを表現し経験する為に自らが引き寄せ創り上げた状況であることを知っているからだ。 自分が用意した状況に悩み苦しむのは本末転倒ということだ。 経験したいことを実行する場を自らが引き寄せたのだ。 だから経験したいということは、 金持ちになりたいと選択することは金持ちになりたくなるような場を引き寄せる。 人の…

続きを読む

幸せ

人の幸せを願うだけで心が豊かになり、幸せになれる。 自分を愛することで穏やかになれる。

続きを読む

決める

誰がなんと言おうと決められるのは自分だし、決めるべきなのは自分だ。 そして相手は決められるべきではない。 自分がしてほしいことを与え、してほしくないことはしないことで調和する。

続きを読む

チャンス

全てを選んでいると認めるとき、全てを選ぶチャンスが訪れる。

続きを読む

流転

あいつは人を裁いていると言って、自分も人を裁いていては裁きを循環させるだけである。

続きを読む

選択

今の状況を選んだことを認め、これから起こることも意識的に選ぶことを受け入れる。全てを意識的に行うことが責任を受け入れ自由を獲得することである。

続きを読む

在り方

意識的か無意識かの違いしかない。やってることは同じであり、分離はない。

続きを読む

癒し

便秘でない必要はない。 ただ便秘でないほうが好ましいだけだ。 この宣言により、癒しが働く。 これは全てに応用できる。 必要ではない。ただ好ましいというだけだ。 神との対話―宇宙をみつける自分をみつける (サンマーク文庫―エヴァ・シリーズ) - 神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる (サンマーク文庫) - 神との対話〈3〉宇宙になる自分になる (サンマーク文庫) …

続きを読む